スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
我が家のワンコ探し・その2
- 2007/06/26(Tue) -
チビマルちゃんをお店にお返ししてから しばらくは、

もう一度、新しいワンコを探す気持ちにもなれなかった私ですが、

しばらくして 再度、探し始める事に。

以前の失敗は、繰り返さないため

今度は、ペットショップでは、なく、

しっかりしたブリーダーさんから直接、譲っていただく事にしました。

まずは、ネットで ブリーダーさんの情報を集め、

いろんなタイプのブリーダーが、いる事を知り、

同じワンコでも 犬舎さんによって お顔を違うしサイズも違う

って知りました。

そして 大きく影響されるのは、親犬って事も・・・

なので きちんと拘りを持ってやっている、親犬の情報も得られる

ブリーダーさんに絞る事に。

世の中には、どのオス犬が、交配したのかもわからないような状態の

犬舎さんもあるそうです。


マルチーズのブリーダーさんを調べていくうちに

我が家の好みのタイプのワンちゃんを作っている方に

何件かは、問い合わせもしていました。

同時に 「ヨーキーも可愛いよね~」と、思うようになり

ヨーキーのブリーダーさんのHPも見ていました。


ある日、友人とランチをした後、

「暇つぶしに近くのペットショップを覗きに行こうかな?」

と、話していると

「近くにヨーキーの仔犬が、たくさんいるお店が、あるわよ」

「美容院もやっていて ヨーキー専門ってわけじゃないんだけど

 お店に来るワンコは、ほとんどが、ヨーキーなのよ。」

と、友人。

どうやら友人のお宅で飼っているヨーキーの男の子が、

通う美容院のようです。

「へ~、行ってみたいな~」

と、何の気なしにお返事し、友人に連れていってもらいました。




続く・・・・



にほんブログ村 犬ブログ ヨークシャーテリアへ

 



この記事のURL | 我が家のワンコ探し | CM(0) | TB(0) | ▲ top
我が家のワンコ探し・その1
- 2007/06/26(Tue) -
「ワンコを飼う!」と、決めてから この仔に決めるまで

いろんな事が、ありました。

最初、私と子供達は、マルチーズって決めてたんです。

私も小さい頃から 実家にマルちゃんが、いたし、

私の姉のところには、現在、6歳になる可愛いマルチーズの

女の子「姫」が、います。

旅行好きな姉なので この姫ちゃんを預かる事が、多く、

子供達もマルチーズに慣れています。



可愛いマルチーズの仔犬を求め、

ペットショップを巡り、ネットで情報を探し・・・

「この仔、可愛い!!!」

と、その仔のいる大手ペットショップへ。

イベント的に ノボリを立てて販売会をやってる事で有名なお店です。

残念ながら その時、ネットで見つけていたチビマルちゃんは、

タッチの差で すでに別の飼い主さんの元へ。

残っていた同体犬の別の仔にする事に決め、

契約し 自宅へ連れて帰りました。

着いた日は、メッチャ元気で ご飯もしっかり食べ、

サークルの中を飛び跳ねていたのですが・・・


翌朝、見ると グッタリ。

そのうえ、吐くわ、吐くわで お水も飲まなくなっている・・・

もちろん ご飯も食べず、下痢状態で 

グッタリ寝続けるチビマルちゃん。

もしや これは、ヤバイ!?

と、思い、買ったお店に電話してみると

「すぐに獣医さんのところへ連れて行ってください」

慌てて、近くの獣医さんを探し、連れていくと

「このまま しばらくお預かりします」

え~!?それって 入院って事~?

何が、なんだかわからないまま チビマルちゃんを

お預けし 帰宅しました。

一週間後の検査で

「先天的な疾患が、あるかも知れない」

と言う事が、わかり、

とても 連れて帰る自信もなく・・・

とてもとても辛い決断でしたが、買ったお店にお返しする事に

しました。

幸い、お店側も 大型店の割りに かなり良心的で

すぐに 引き取りを承知してくれて 代金もすべて返金。


再度のワンコ探しスタートとなったわけです。



続く・・・




にほんブログ村 犬ブログ ヨークシャーテリアへ
この記事のURL | 我が家のワンコ探し | CM(0) | TB(0) | ▲ top
前ページ | メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。